FC2ブログ

西堀風之介のちょっと一言

酔っ払いブルーズ・マン 西堀 風之介の 不定期更新ブログ。 音楽ネタ中心にやってます。 ライヴスケジュールもチェックしてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あぁ、冥王星。

先日、冥王星が惑星では無くなってしまいました。
幾度となく、そのての議論を聴いたり、記事を読んだりしてたのですが
ついに、その日が来てしまいました。

今回の話、冥王星が惑星ではなくなった日の一週間ほど前。
セレス、カロン、2003UB313などの天体を加えて、太陽系の惑星を増やす。
なんて提案があったんです。
それを受けて、国際天文学連合に起案されたのが
”冥王星をはずしてしまえ”という意見。
これは、まさに薮蛇か。それで結局はずしてしまえ案が通ってしまった。
あぁ、気の毒に冥王星・・・
ま、前記のカロンなんて冥王星の衛星で、
大きいから二重惑星といった解釈が議論にもなってましたが。
冥王星小さいしなぁ・・・(エッジワース・カイパーベルト天体に含むなんて話も昔ちらほら)

冥王星は”プルートゥ”といいます。
ローマ神話における冥府の王(神)。(ちなみにカロンは冥府の川、アケロン川の渡し守です。)
プルートゥは、ギリシャ神話における”ハデス”のことです。
オリンポス12神の最高神”ゼウス”(木星)の兄上ですよ、兄上!
あぁ・・最高神の兄貴が惑星から除外なんて気の毒。
同じく兄貴の海王星”ポセイドン”、親父の土星”クロノス”、祖父の天王星”ウラヌス”
に比べて、この仕打ち。やはり冥府の王には孤独がお似合いなのか!

アニメや漫画、空想の世界でも”太陽系最果ての惑星”の位置づけから、
銀河鉄道999では機械の体を得た人の、生身の体の墓場。
宇宙戦艦ヤマトではガミラスの最前線基地。(そう、あの前半のヤマ場、反射衛星砲ですよ!)
そして、私の好きな鉄腕アトムの”地上最大のロボット”の100万馬力の”プルートゥ”!
結構でてくる冥王星。一番遠い惑星はミステリアスで魅力的。空想を掻き立てられる。

一番遠い天体が”冥王”なんて昔の人はロマンチック。
科学者の方々にはロマンは要らないのだろうが。
何とか”名誉惑星”とか”古典惑星”とか言う呼びかたには、ならんもんかねぇ。

ちなみに、冥王星はとても小さいです。月よりも小さい。
最後に冥王星の赤道半径を『 1 』とした時の太陽系の主な天体の大きさ数値を参考までに。
だいたいやで。(自作なんで)

冥王星 1        カロン 0.51          2003UB313(前記の惑星候補)1.46
太陽 600.86      ガニメデ 2.26(木星の衛星)
木星 61.63        ティタン 2.21(土星の衛星)
土星 51.95       水星 2.10
天王星 22.03      カリスト 2.06(木星の衛星)
海王星 21.34      イオ 1.56(木星の衛星)
地球 5.49         月 1.49
金星 5.21         エウロパ 1.35(木星の衛星) 
火星 2.92         トリトン 1.16(海王星の衛星)

下の画像は左下の角から”水金地火木土天海冥”で並んでます。
右上の白い粒が冥王星、左下から3番目が地球。こんなに惑星によって大きさが違う。
いや~宇宙って面白い。
Nineplanets460.gif

スポンサーサイト
  1. 2006/08/28(月) 14:10:57|
  2. 研究
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<9月になりました | ホーム | 夏の終わりに。>>

コメント

へぇ~~~~~。
  1. 2006/08/29(火) 14:27:40 |
  2. URL |
  3. ささぁ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pooyan.blog16.fc2.com/tb.php/144-f3f2b97c

ティタンについて

ティタンティタン(ティーターン、ギリシャ語|希Τιτ&#x03ac;ν、英語|英Titan, Titans)は、ギリシア神話・ローマ神話に登場する神々。巨大な体をもつとされ、しばしば巨神族と訳される。英語ではタイタン。ティターンと表記される事もある。狭義では、ウラノスとガイア
  1. 2007/03/20(火) 03:21:32 |
  2. 神話&神々の研究
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。